三州瓦−瓦Web−

三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。

新着情報 資料請求 組合概要 リンク集 サイトマップ
TOP




リサイクル製品 組合員紹介

新着情報
 
 高浜市・碧南市「瓦屋根の耐風診断・改修補助制度」について リーフレットを作成しました。 2022/09/01   
この機会に是非ご自宅の屋根の点検を受けられることをお勧めします。
ご相談はお近くの屋根工事店(リーフレット内QRコード参照)にお気軽にご相談ください。
補助金の交付申請手続きについては、高浜市・碧南市のホームページをご確認ください。

高浜市 瓦屋根耐風診断補助金
https://www.city.takahama.lg.jp/soshiki/tokei/22840.html

碧南市 住宅瓦屋根耐風改修等補助金
https://www.city.hekinan.lg.jp/soshiki/kensetsu/kenchiku/kakuhojyo/18554.html

 
 福島県沖を震源とする地震 調査報告書(令和4年3月16日発生) 2022/08/04   
今回の調査は、最大震度6強を記録した大地震による瓦屋根の被害状況と、瓦屋根標準設計・施工ガイドラインに照らした施工水準との相関関係を調査しました。

また、地震の大きさや震源位置、各地の震度等が令和3年(2021年)2月の地震と酷似していることから、令和3年(2021年)調査時と同じエリア・住宅を再調査することで、繰り返し大地震が発生した場合における瓦屋根の被害状況と、復旧工事の実態を確認しました。

詳しくは添付のPDFファイルをご参照ください。

87.pdf

 
 人気のVTuberが配信する「にじさんじのB級バラエティ(仮)」で 三州瓦が紹介されました 2022/03/29   
番組名:「にじさんじのB級バラエティ(仮)#27」
番組テーマ:『瓦』

▼放送用URL(★ 視聴は、このURLをクリックしてください)

https://youtu.be/8Ayakk1EWE4

■番組概要
バーチャルライバーがリアルの社会を学ぶ!にじさんじが送る超次元・知育バラエティ番組。
『にじさんじ』は、ANYCOLOR株式会社が運営を担当する、同名のバーチャルライバーグループ。
チャンネル登録者数95万人。

 
 三州瓦と石綿(アスベスト)について 2022/01/15   
三州瓦は、粘土を焼成して作る焼き物(粘土瓦)です。
原料となる粘土は採掘現場で品質をチェックし、良質な原料粘土のみを使用しています。
このため現状並びに過去においても石綿(アスベスト)を原材料に使用したことは三州瓦を製造する全メーカーにおいて一切ありません。
(愛知県陶器瓦工業組合)

◆焼き物と石綿(アスベスト)について
『せきめん読本』によるとアスベストは「耐熱性が良く、450℃くらいまでは性質があまり変わらない。耐酸性・耐アルカリ性も高く、比抵抗も小さい。また、抗張力が3,000MPa/u程度あり、スレート瓦などコンクリート製品に混入することにより、コンクリートの弱点である引張に弱いという性質を補うことができる。」となっている。
焼き物の屋根材である三州瓦は、最高温度1130℃で10数時間をかけて焼成しており、この過程で粘土内に含まれる長石が溶融し、他の鉱物を接着する役割を果たして固化し強度のある製品となることから、アスベストは焼き物には不要な材料であること、また600℃以上で焼成した場合、アスベストの繊維状物質は、脱水反応により無害化することが報告されている。

◆関連資料

【参考サイト:国交省・経産省】
 ●石綿(アスベスト)含有建材データベース
  https://asbestos-database.jp/asbestos/
 ●アスベスト非含有建材
  https://asbestos-database.jp/asbestos/kenzai/non-containing/

【参考文献】
 ●「低温加熱粉砕法によるアスベストの無害化処理技術」
 ●「アスベストを含む廃建材の無害化とセメント製品への適用」
※ 添付のPDFファイルをご参照ください

85.pdf

 
 三州瓦の魅力を伝えるブランドサイト「三州瓦」開設 2021/11/30   
三州瓦の魅力を伝えるブランドサイト「三州瓦」開設しました。

 「三州瓦」 https://sanshukawara.jp


PAGE TOP

瓦web [TOP]

愛知県陶器瓦工業組合公式サイト。三州瓦の歴史、三州瓦の性能・製品情報・CADデータ、かわら相談など。


人にやさしい三州瓦
愛知県陶器瓦工業組合    〒444-1323  愛知県高浜市田戸町1-1-1  TEL 0566-52-1200 (代)  FAX 0566-52-1203